2012中西医アシスタントの医師試験生理痛弁証法

By , March 30, 2012 12:18 am

生理痛によると“経行腹痛&rdquo ;とは、月経や月経前後の出現の週期性の下腹部の痛み。西洋医学壆分けて原発性と連続性の2種類。原発性係、生殖器官無明らかに異常者、後者に多くの二次生殖器官のいくつかの器質性疾患、例えば骨盤炎、慢性子宮筋腫など。月経困難症の発生と衝、任二脈や胞宫の週期の生理的変化と密接に関係する。と肝臓の腎臓の二汚れにもつながり。もし月経期前後衝任二脈の血気の不和につながる脈絡妨げられて、胞宫の血気に運行して、通じない痛み&rdquoは“;;あるいは胞宫失に濡养、“栄は痛い&rdquo、。
また、情志暢、かんしゃく鬱結、血の行が妨げられて、寒湿之邪客に胞宫、血気の運行がとれていない。血気の虚弱、肝臓の腎臓の不足を細胞も通じない、胞宫失養脈による生理痛。「未来」を主症:月経や経行前後の下腹部の痛みにわたって数時間、さらには2-3日。痛くて重症顔色は白くなって、冷や汗をかく、全身の力が抜けて、四肢厥寒くて、一心にやを伴って、嘔吐して、下痢、頻尿、頭痛等。兼見腹痛多経前や月経が激しく、押し拒否、経色赤紫や紫が黒、挟まれ血餅、血の下の痛みを減らし、実証。
伴経前乳房の膨れる痛み、舌が皮下溢血、脈の細い絃者、气滞血瘀;下腹部は寒くて痛い痛い、熱を減らして、月経が少なく、色は紫黒ブロック、苔白飽き、脈の瀋きつい者、寒湿凝結する。兼見経後に下腹部が柔らかい綿痛んで、腹に好き、月経色ライト、量は少なくて、所属虚弱症。伴の顔色があるいは萎黄疲れ、神の力が抜けて、くらくらし目がかすんで、動悸、舌が薄くて舌太り大ながら歯跡、脈は細く弱者を伴って、血気の不足、腰のひざがぐったりして、夜眠るが落ち着かない、めまい耳鳴り、目ペースト、舌が苔赤、脈細者、肝臓の腎臓の不足。

Comments are closed

sincerelymanagement.com hiw3c.info hjplw.info seniorhires.com recoveringconsumer.net texaspublicmedia.net